お茶で糖尿病のリスクを回避!糖尿病予防に効くお茶とは

発症すると非常に厄介である病気の一つである糖尿病。一度患ってしまうと糖尿病そのものが治ることはなく、一生付き合っていかなければならない恐ろしい病気です。

 

糖尿病は合併症などのリスクも非常に高く、とにかく危険な病です。食事などで予防する方法が有名ですが、その中でも手軽にできる糖尿病対策だと話題になっているのがお茶を使っての糖尿病予防になります。

 

ここでは糖尿病予防に効くお茶について、詳しくご紹介していきます。

糖尿病予防に効くお茶ランキング

白井田七。茶

有機緑茶と有機田七人参だけを使用したお茶で、豊富なカテキンやテアニンに加えて、田七人参の豊富な栄養成分が一緒に摂れる優れものです。

 

味わいも非常に深くて美味しく、お茶を楽しみながら糖尿病を始めとした生活習慣病や加齢による不調のリスクを下げられることで非常に人気になっています。
原材料にも非常に拘っているので安心して続けることが出来、初めての方でも返金保証があるので飲めるか不安という方でも始めやすいです。

 

オススメしたい人 ・健康診断の数値があまり良くなく、不安がある

・生活習慣が乱れがちで糖尿病が気になっている
・普段の生活に取り入れられる健康習慣を始めたい

主な特徴 ・1杯66円なので経済的で続けやすい

・完全無農薬、有機栽培の原材料を使用している
・15日間の返金保証がついているので初めてでも安心

成分 有機緑茶/有機田七人参
価格 毎月お届けコースで初回限定1,980円
評価

 

 

神の草 ヒュウガトウキ

日本にしか生息していないセリ科の植物ヒョウガトキの茎をお茶にした商品で、栄養素が豊富で生活習慣病にも良い力を発揮してくれます。

 

レモングラスとグリーンルイボスを追加することで健康茶独特の臭いや苦味をなくし、美味しく続けられるお茶に仕上がっています。
原材料は無添加で厳選されたものだけなので体にも優しく、これから先の健康を考えて何かを始めたい、糖尿病のリスクを下げたいという方には特にオススメです。

 

オススメしたい人 ・運動不足や栄養バランスの乱れが気になっている

・健康診断が怖い、自分の健康に全く自信がない
・糖尿病や高血糖が心配で何か手軽に始めたい

主な特徴 ・健康茶に多い苦味が少なく、美味しく楽しめる

・ヒョウガトキを1包に3g使用して濃く飲める
・お酒との相性がよく焼酎割りも楽しめる

成分 ヒョウガトキ茶/グリーンルイボス/レモングラス
価格 3,500円
評価

 

 

アグリのしあわせ減糖茶

老舗製茶メーカーと共同開発することで、漢方茶独特の味わいを薄くして美味しく飲みやすい体に良いお茶に仕上がっています。

 

10種類の糖質のサポート力のある原材料を黄金比率で配合することで生活習慣病や、年齢による体の不調などを改善して健やかな毎日へと導きます。
毎朝スッキリ起きられるようになった、数値が少しずつ改善したといった口コミが多く、非常に実感力が高く違いを感じやすいお茶です。

 

オススメしたい人 ・炭水化物や甘いものなどが大好きでよく食べてしまう

・血糖値や糖尿病の不安を持つようになった
・正常範囲の数値をいつまでもキープしていたい

主な特徴 ・糖質サポートの為の10種類の原材料を使用

・温でも冷でも美味しいのでオールシーズン楽しめる
・老舗製茶メーカーと共同開発している

成分 ゴーヤ/桑葉/バナバ/サラシアなど
価格 定期コース申し込みで1,602円
評価

 

 

ハイサラシアインスタントティー

インド産のサラシアエキスを美味しいほうじ茶風味で手軽に摂ることが出来るお茶で、糖のサポートやスッキリ体質のお手伝いをしてくれます。

 

親しみのあるほうじ茶風味なのでゴクゴクと普通のお茶のように飲むことが出来、無理せずに出来る健康習慣としてとても高いリピート率を誇っています。
実感力が高いことも口コミからよくわかり、糖尿病や糖の取り過ぎが気になっている人から特に信頼を得ています。

 

オススメしたい人 ・白米やパン、麺類が好きでついつい食べすぎてしまう

・血糖値が高めなのを自然な形でなんとかしたい
・家族の糖尿病や健康を考えて一緒に健康習慣を始めたい

主な特徴 ・完全無農薬のサラシアを使用している

・香ばしくて美味しいほうじ茶味で楽しみながら続けられる
・実感度92%の実力派サプリでリピート率も高い

成分 サラシアエキス/ほうじ茶エキスなど
価格 定期コース申込みで初回限定4,860円

(2回目以降は10%OFF)

評価

 

 

ギムネマ抑糖茶

糖尿病を始めとした生活習慣病の対策が出来る成分として注目されているギムネマを使用したお茶で、ダイエット効果や病気のリスクを下げる力があります。

 

ギムネマが持っている独特の臭いのせいで効果が高いのに避けられがちでしたが、ギムネマ抑糖茶は独自の焙煎方法で非常に飲みやすくすることに成功しています。
グァバや桑の葉、菊芋といった健康に良い成分も豊富に含まれているので、糖尿病の予防はもちろん様々な病気や健康維持のためにとても良い力を発揮してくれます。

 

オススメしたい人 ・健康診断の数値を知って何か始めたいと思っている

・糖分を摂ることが多く、栄養バランスが偏りがち
・朝スッキリ起きられない、なんとなくダルイが多い

主な特徴 ・独自の焙煎方法によりギムネマの独特の臭いを消している

・飲み方が豊富なので飽きずに美味しく飲める
・ハーブが主原料なので体に優しく安心して続けられる

成分 ギムネマ/菊芋/桑の葉/グァバ茶など
価格 3,200円
評価

 

 

糖尿病予防に効くお茶、噂の真意は?

 

糖尿病にお茶がいいという話は、比較的よく聞く話だと思います。しかし実際本当に、お茶で糖尿病が予防できるものなのか?と疑問に思っている人も多いでしょう。

お茶は糖尿病の発症率を下げる

お茶と糖尿病予防の関係については、大規模コホート研究が2006年までの5年間の追跡調査を行っています。この調査によると、緑茶を飲むことが週1以下の人と比べて、糖尿病の発症率が33%少ないのは緑茶を1日6杯以上飲む人だということが判明しています。

お茶は血糖値を下げ、上昇を抑える

糖尿病は血糖値が上がることが大きな原因だといわれていますが、お茶には血糖値を下げる働きをするものが多くあります。主にカテキンが含まれるお茶が良いとされており、緑茶などは代表的な種類の一つですね。珍しいところで言うとサラシア茶などもおすすめです。

 

 

 

また血糖値を下げてくれることはもちろん、お茶には上昇を抑えてくれる働きもあります。2012年にペンシルベニア州立大学農学部が行った実験で、緑茶を与えなかったマウスと比べて、緑茶を与えたマウスは血糖値の上昇が50%低かったという結果が出ています。運動を組み合わせるとさらに効果が高まる実験結果も出ており、糖尿病対策に非常に期待されています。

糖尿病予防に効くお茶の種類とはどんなもの?

 

一口に糖尿病予防にお茶が効くといっても、どういった種類の物が良いのかピンときませんよね。緑茶、紅茶、サラシア茶などなど…ここでは糖尿病予防に特におすすめのお茶の種類を紹介していきたいと思います。

緑茶

糖尿病予防に効くお茶の代表格とも言っていいのが、緑茶です。テレビや雑誌などにも良く取り上げられているため、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。緑茶に含まれるカテキンやカフェインが血糖値の上昇を抑えたりすることで、糖尿病予防に効果があるのではないかと考えられています。

 

 

 

日本人にも非常に馴染み深い飲み物で、価格も安価なものからあり入手が簡単なところも嬉しいですよね。いわゆる健康茶は味が受け付けられないという人も多いですが、緑茶であれば飲みやすいでしょう。

ウーロン茶

血糖値の改善に効果が言われているウーロン茶。血糖値を降下させる効能の他にも脂肪を分解してくれるなど、様々な健康効果が期待できます。糖尿病は肥満と合併をしやすい病気でもあるので、二つの病気に同時にアタックしてくれるのは非常にありがたいですよね。しかし同時に飲みすぎると糖尿病発症リスクが上昇してしまうという話もあるので、デメリットや副作用があることも知っておきましょう。

サラシア茶

2002年にWHOがその効果を認めたことにより、一気に注目を集めることになったサラシア茶。インドやスリランカ等に自生するニシキギ科のつる性植物であるサラシアのお茶であり、現地では薬として利用されているほど優れた効能を持っています。

 

 

 

サラシア茶にはサラシノールと呼ばれる成分が含まれており、その成分が炭水化物の消化酵素の働きを抑え、血糖値の上昇を防いでくれます。また糖吸収を抑制し高血糖を抑える働きにも注目されており、合併症を引き起こしやすい糖尿病予防には非常に効果的なお茶だと言えます。

グァバ茶

熱帯アメリカ原産のグァバ葉を使っているお茶であるグァバ茶。動脈硬化や食後の血糖値を下げる作用などがあるといわれているポリフェノールが豊富であり、その効能から特定保健用食品の認定も受けています。高い効能が期待できるグァバ茶ですが、苦くて飲みにくいという欠点があります。

糖尿病予防に効くお茶の選び方

効能が認められている物を選ぶ

糖尿病予防に効くお茶を選ぶ時は、きちんとその効果や効能が認められている物を選びましょう。所謂健康茶といわれる物の中には、本当に効果があるのか疑わしいものがあるのが実情です。

 

 

 

特定保健用食品の認定を受けているものや、政府が健康効果をきちんと認めているお茶や成分をきちんと見極め、糖尿病予防に効くお茶は選ぶようにすると失敗がありません。

粉末や茶葉の状態の商品を買う

例えば緑茶やウーロン茶なんかは、ペットボトル飲料などもたくさん販売されていますよね。価格も安く手軽なのでついついそういったものに手が伸びがちですが、糖尿病予防に効くお茶を飲む場合はそういった物ではなく、きちんと粉末や茶葉から入れるタイプの物を選びましょう。

 

 

 

ペットボトル飲料はどうしても、商品に保存料などの余計な成分が入ってしまいます。またコストパフォーマンスに重きを置いている物が多いので、かなりの量を飲まなければ効果が発揮されない場合があります。少し面倒で価格が高くても、きちんと自分で淹れるタイプのお茶を選びましょう。

味が飲みやすいものか

糖尿病予防に効くお茶は、種類によってはとても飲み辛いものもあります。苦かったりにおいがきつかったり、健康茶なのだから仕方ないと言われればそれまでですが、きちんと継続して飲み続けることができなければ意味がないですよね。

 

 

 

糖尿病予防に効くお茶を選ぶ時は、実際に飲んでみて自分にとって飲みやすい味かという点も重視しましょう。通販などで購入する場合は、まずはお試し用を注文してからの方が良いですね。

糖尿病予防に効くお茶を飲むときの注意点

過剰摂取に気を付ける

糖尿病予防に効くお茶は健康茶になるため、ついたくさん飲んでもいいと思われがちです。しかし適量では良い成分でも、過剰摂取すると体にとって毒になってしまったり、体調に異常をきたす原因になることもあります。

 

 

 

なのできちんと一日の摂取目安量を把握し、その分量を超えないように飲むようにしましょう。また糖尿病予防に効果があるお茶でも、他の病気にとっては悪影響となる成分が含まれる可能性もあります。もしも他に持病があるという人は、きちんとそちらの病気と飲もうとしているお茶の相性を調べてから飲用するようにしましょう。

お茶は薬ではない

糖尿病予防に効くお茶はあくまで体づくりを補助してくれる物であって、薬ではありません。なのでこのお茶を飲んでいれば、あとは暴飲暴食をしても大丈夫という考え方はしないように気を付けてください。あくまでお茶はお茶、薬ではありません。

成分や添加物に注意

糖尿病予防に効くお茶の成分表をじっくり見てみると、あまり聞いたことのない成分がたくさん含まれていた、よくよく調べてみるとほとんどが添加物だった、なんてこともあります。折角身体に良いと思って買ったお茶が、実は添加物だらけだとがっかりですよね。

 

 

 

糖尿病予防に効くお茶を買うときは、添加物などが多く含まれていないかという点にも気を付けて購入しましょう。少し面倒でも、成分表に書かれている成分をネットなどで調べてから買うと失敗することがありません。

まとめ

 

糖尿病予防に効くお茶について、その種類や効果、選び方の注意点などを紹介してきました。手軽で、なおかつ効果が期待できる糖尿病予防に効くお茶。最近では色々なものが販売されていますので、是非自分が飲みやすいものを選んで生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。